「やめとけ」「後悔する」といわれるけれど、フリーランスエンジニアとはどんな働き方?


フリーランスという働き方は、以前から自営業、個人事業主として存在していました。しかし、エンジニアなどの分野では会社員という形態がほとんどだったのが実情です。
しかし、働き方改革などにより、フリーランスは個を尊重した働き方として見直され、社会に受容されるようになってきました。実際に2018年から2021年にかけてフリーランス人口は500万人増加(1151万人→1670万人)したというデータも存在しています。
それでは、フリーランスエンジニアとはどのような働き方なのか、詳細に説明します。

参考:【ランサーズ】フリーランス実態調査2021

企業に属さない自営業者のエンジニア

フリーランスとは特定の企業や団体、組織に属さずに仕事をする形態を意味します。日本では自営業者、個人事業主にあたります。自営業については、開業届の提出が確定申告のために必要なのですが、この提出有無はフリーランスの定義とはあまり関係がありません。

また、自営業者の中でもその業務をメイン(主業務)とする場合と、企業に所属しており自営業は副業として行う場合があります。

ITエンジニアは技術職であり、主業務、副業のいずれでもフリーランスとしても働きやすい職種です。スキルと知識があれば企業組織に縛られることのない働き方を実現することが可能です。

主な仕事の内容はITシステムの設計、開発、運用など会社に所属するエンジニアとあまり変わりはありません。また勤務の形態には、顧客先に常駐する形と自宅などの作業場所で業務を行う形が存在しています。この勤務形態は、主に契約形態によって決まります。

「やめとけ」「後悔する」といわれる理由の一つとして考えられるのが、案件ごとに契約が変わることです。システム開発プロジェクトは要件定義、設計、開発、テスト(運用・保守)とフェーズが分かれており、フェーズごとにメンバーをアサインして開発を進めます。

もちろん、連続した工程に対して契約することもありますが、あくまでプロジェクト(の特定のフェーズ)の期間の契約を結びます。
フェーズが終了した後には、継続して仕事があり続ける保証はありません。自営業者の場合は仕事の確保も自分の責任で行うことは事実です。しかしながら、案件検索サイトやエージェントによる仕事の紹介を活用することで、調整をすることができます。

顧客先常駐型

顧客に対し技術者の労働を提供する契約を準委任契約(SES)といいます。
この契約の場合は、成果物が取り決められているわけではなく、労働の提供が必須となります。フリーランスエンジニアが準委任契約で働く場合、顧客先に常駐して仕事をする形態が一般的です。

リモート型

契約内容に対してその完成について責任を負う請負契約をする場合には、基本的に作業場所や作業時間帯には制約が設けられません。成果物の提出が果たすべき責務となるためです。フリーランスエンジニアが請負契約で仕事を受注した場合、自宅などの作業場所に仕事を持ち帰って実施するケースが多いです。

また、準委任契約の場合でも顧客先がリモートによる働き方を認めている場合もあり、この場合も自宅などからリモートで働く形となります。

フリーランスエンジニアのメリット


フリーランスエンジニアの増加を示すデータが存在しているということは、多くの人がそこにメリットを見出しているという裏付けでもあります。下記にメリットの代表的なものをあげています。

年収の向上の可能性

フリーランスエンジニアはクライアントとの間に所属企業が存在しないため、中間でのコストが不要となります。そのため、同じエンジニアに対し同じクライアントが同条件で仕事を依頼した場合には、会社員エンジニアに比べてフリーランスエンジニアは多くの収入を得ることが可能となります。安定して仕事が取れれば収入向上につなげることが可能です。

厚生労働省の職業情報提供サイト(日本版O-NET)によると、会社員のソフトウェア開発技術者の平均年収は511.9万円です(出典:令和2年賃金構造基本統計調査)。
一方のフリーランスエンジニアですが、案件検索サイトSEESに集まった案件からポジション・職種別の単価を抽出し、単価の中間値をとって12か月分の12倍を行うと、年収は下記のように想定されます。ここから経費を払う必要があるため単純には比較できませんが、会社員エンジニアとして働く場合よりも収入が上回ることがあるのは間違いないでしょう。


参考1:厚生労働省「職業情報提供サイト(日本版O-NET)」
参考2:SEES「ITフリーランスエンジニアの案件獲得法を紹介!求人サイトの利用が有効」

技術スキルも自分で選べる

ITエンジニアにとって自分の仕事と収入を確保するための財産となるのがスキル、知識です。プログラミング言語やフレームワークといったプログラムに近い部分から、ソフトウェア開発手法、プロジェクト管理手法などのシステム開発プロジェクトで活躍するためのスキルまで、エンジニアにとっての商売道具ともいえるものです。

フリーランスエンジニアは自分が必要とするスキル、知識を選択して身に着けることができることも大きなメリットの一つです。自分で案件を選ぶことができるため、身に着けるスキル・知識も選択が可能となります。

自由な働き方

フリーランスエンジニアは会社員エンジニアと比較すると、雇用契約がない分、仕事の仕方に制約が少ないこともメリットです。
短時間勤務、作業時間のコントロールによるワークライフバランスの実現、リモートワークなどの働き方は選択しやすい環境となります。

フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの違い


フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの間には確かに違いが存在しています。しかしながら、それは単純に「メリット・デメリット」ではなく、「企業に所属していない・している」ことそれぞれの裏返しにあたるものです。人によりメリットに感じることもあれば、デメリットと感じることもあり得ます。

安定を保証するのは自分のスキル

フリーランスエンジニアのバックには会社が存在していません。これは会社によるコントロールを受ける必要がない反面、仕事と給料を常に保証してもらえないことを意味しています。
フリーランスの場合は、仕事がない場合には収入が途絶えることに直結しています。フリーランスエンジニアが継続して仕事を確保するには、自分のスキルによって契約を途切れさせないようにする必要があります。

また、仕事を受注する際にポイントとなるのが信頼感です。もしエンジニアに健康上や技術上の問題が発生して仕事が遂行できない場合にも、クライアントからすればエンジニアが会社に所属していれば契約に沿った責任を企業に求めることができます。フリーランスエンジニアはその分スキルを示すことで、信頼を得るしかありません。

スキル向上も自分の責任

フリーランスエンジニアはスキル向上のための学習を組織に強要されることはありません。これは、自分から学習しなければスキルの向上が望めないということでもあります。スキルが不足した場合には仕事が無くなることと繋がっており、その選択も自分で責任を持って行う必要があります。

会社組織が行うすべての仕事をこなす必要がある

フリーランスエンジニアはエンジニアとしての責務を果たしたうえで、その他の仕事もしなければなりません。会社に所属していれば、別の担当者が行ってくれている営業活動、受注などの手続き、経理、各種保険の支払い、税金の申告などもフリーランスは自分で行います。まさに個人で事業の全てをまかなうのです。

勤務に関する規程、福利厚生なども自分で決める

フリーランスエンジニアは企業に所属しないため、勤務規定や福利厚生も定まったものが存在しません。(顧客先常駐型の場合は作業場所のルールに従う必要はあるでしょう)
特に請負契約の場合は、就業時間などの勤務規定がないため、自分で自分を律して、計画をたてて、ゴールとなるアウトプットに向けて仕事をすることが必要となります。
また、有給休暇などの福利厚生もないため、自分で調整します。

フリーランスエンジニアへの適性


フリーランスエンジニアは何もかも自分でしなければならないと記載しましたが、近年では案件検索サイトなどフリーランスエンジニアの仕事をサポートするサービスが充実してきています。以前よりはフリーランスエンジニアとして働くことに対してハードルは下がったといえるでしょう。

しかしながら、すべてのエンジニアがフリーランスとなったほうがメリットを享受でき、幸せになれるというわけではありません。フリーランスエンジニアは人によって向き不向きがあります。

会社員エンジニアの方が向いていて、会社員エンジニアとして働いたほうが幸せだという人も多いのではないでしょうか。
本項では、フリーランスエンジニアに向いているかどうか、適性について説明します。

自分のやりたいことは明確か

自分の意思をもって仕事に向かうことができるかどうかは、フリーランスエンジニアへの適性としてチェックすべき事項です。少なくとも、「フリーランスエンジニアになって何をしたいか」、「何を変えたいのか」を明確に持っている必要があるでしょう。
フリーランスになることは、誰かに強制されるわけではなく自らの意思で立場を変えることです。その責任は自分で負う必要があります。明確な目的がない場合には、継続的にフリーランスとして働き続けるモチベーションの維持が難しくなります。

会社員の場合は、組織で定められたルールに沿って行動することで、強い意志を持たなくとも仕事をし続けられる仕組みが整えられています。会社に身を委ねたいという考え方も、多様な価値観の中には認められるべきですし、そう考える人の場合は会社員エンジニアの方が向いているともいえます。

自己管理ができるか

フリーランスには自分で仕事を選ぶことができ、自分の裁量で仕事のペースを決めることもできます。自由である反面、自分でコントロールしなければ仕事の成果には繋がりません。
会社員ならば組織の仕事の仕方や社則などのルールに身をゆだねれば、大きく道を外してしまうことはないでしょう。フリーランスは自分をコントロールできなければ、どこまでも楽な方に流されてしまい収入の減少を招いてしまう可能性も秘めています。

ただし、強い意志で自分を律することができる能力がフリーランスになる際に必須となるわけではありません。現状で自分のやりたいことが明確になっていれば、これから自主的に動けるフリーランスになることもできます。現在までの傾向はあくまで傾向です。人は時間の経過とともに変化していくため、意識的に身に着けることも努力次第で可能です。

スキルに自信があるか

フリーランスエンジニアの仕事を支える軸は、自分自身のスキルです。自信を持って働き、成果を出すための支えとなるスキルには、自信を持っておきたいところです。また、必要なスキルが出てきたときには柔軟に習得に向かって行動できることも必要となります。

社会人としての基盤はできているか

フリーランスは仕事をする最小限の組織として、自分自身が表に出る立場です。その人となりも見られるため、社会人マナーを身に着けている必要があります。
また、エンジニアとしての技術領域だけでなく、営業、契約、事務手続きといった仕事が成り立つ仕組みを知り、受注してお金を得るためのフローも知っている必要があります。

フリーランスエンジニアが末路を迎えてしまうパターン


確かにフリーランスエンジニアとして働いていると、つらい状況が待ち受けている可能性もなくはありません。例えば、下記のパターンはその例といえるものです。

体調、メンタルヘルスを崩して働けなくなる

フリーランスとして働いている場合、体調やメンタルヘルスなどを崩して働けなくなった場合の保証がありません(自分で用意しなければなりません)。失業保険もなく、貯蓄が無ければ立ち直るのが非常に難しくなってしまいます。
また、契約した仕事に対して責任を自分で負うため、強いストレスを受けることも想定されます。人によっては、一人で活動することがストレスとなる場合もあります。これらのストレスが、メンタルヘルスに大きく関与しています。

案件にアサインできなくなる

フリーランスエンジニア向けの案件では、場合によって年齢制限があることもあります。体力勝負となる仕事や、長期的な戦力と考えるような場合は、発注する側の立場からすれば年齢制限をかけるメリットがあることも理解できるでしょう。

また、年齢ではなくスキルセットが問題となって案件にアサインできなくなることもあります。技術には流行り廃りが存在し、持っているスキルが時流から外れたものとなると、求められている案件とマッチしなくなってしまいます。

年齢やスキルセットといった条件が案件の募集条件からずれ始めると、アサインから遠ざかってしまうという状況につながります。

※ただし、反対に経験を持つエンジニアが求められることもあります。一概に不利という話ではありません。

景気や社会の動向に左右され、フリーランスエンジニアの活躍の場が減る

フリーランスエンジニアという形態がメジャーになったのは比較的最近です。短期的にはフリーランスエンジニアには需要が存在していますが、今後も長期的なスパンで見た場合には、景気動向に左右されて案件数が上下することも想定されます。

フリーランスエンジニアは加齢とともに苦しくなる?増えすぎといわれる実態は?


フリーランスエンジニアの末路のパターンで触れた中に、フリーランスエンジニアには活躍できる年齢に限界があり、加齢が足かせとなって仕事が無くなるというものがありました。また、フリーランスエンジニアが増えすぎて飽和状態で仕事がないという言説も、ネガティブな意見も中には見られます。

これらの説の妥当性について、実態をもとに考察しています。

ITエンジニア35歳定年説

古くからIT業界には「ITエンジニアの定年は35歳である」という都市伝説が伝わっています。特に根拠となるデータは存在してはいないものの、もっともらしさを感じるところもあります。また、ITエンジニアの代わりにプログラマやシステムエンジニアという職種が入る場合もあります。

この説の根拠の一つとなっているのが、かつてITエンジニアは人海戦術で酷使されることが多く、体力勝負となるシーンがIT業界で多々見られたことでしょう。残業が続いて体力的に苦しくなる年齢として、35歳が一つの目安とされたのだと思われます。

しかしながら、近年ではIT業界でも働き方の見直しが進み、残業時間に対する規制なども強まるなど、就業環境には変化が訪れています。現実的に40代以上のエンジニアが多数活躍していることが、この説の反証ともいえるでしょう。

企業は若いエンジニアを求める?

「企業はエンジニアを採用する際にはできるだけ若い人材を優先する」という説もありますが、こちらについては一部はその通りだと考えられます。正社員としてエンジニアを採用する場合、エンジニアの育成には教育コストがかかり蓄積した知識やスキルの還元のためにできるだけ長い期間働ける若い人材が適する、という理屈はその通りだと思います。

しかし、エンジニアを募集する全ての場合において若い方が良い、という事ではありません。システム開発プロジェクトへの従事経験を買って、ベテランが求められる場合もあり得るからです。案件ごとの人員募集で一定期間での契約が前提とされる場合などではその傾向は顕著になります。マネジメントやPMOといった立場ならば、経験が重要視されるためなおさら当てはまるでしょう。
フリーランスエンジニアとしても、上記の条件に当てはまるように年齢に伴ってスキルを身に着けていれば、年齢は問題となりません。

スキルは古くなっていく

IT技術の進歩には目覚ましいものがあります。1995年頃に登場したインターネットは、もはや社会基盤の一つに組み入れられ、2000年代に登場したスマートフォンは2019年時点で個人の所有率が60%を超えているというデータもあります。

参考:総務省「令和二年版情報通信白書」

ITエンジニアのスキル・知識には普遍的なものもありますが、多くは技術の流行によって人気が移り変わり、所有するスキルが形遅れとなることもしばしばあります。ただし、スキルが古くなっていくことそのものは事実だとしても、問題はそこではありません。

時が流れスキルや知識が古くなる。これは若いエンジニアでも、年を取っていても同じです。そのときに必要となる新たなスキル習得に動けるかどうかが問題となります。
一般的に人は年を取ると新たなことを取り入れずらくなるといわれています。変化を好まず、現状維持を続けようとする守りの姿勢に入ってしまうと、新たなスキルは身につかず、結果、加齢とともにエンジニアとしての価値が下がってしまう事態を招きかねません。

加齢が進んでも、新たな技術への興味を失わず、スキル習得できる能力がフリーランスエンジニアには求められるのです。

フリーランスエンジニアは増えすぎて飽和している?

フリーランスエンジニアが増加しているのは間違いのない事実です。それでは、増えすぎて飽和している状況になっているのでしょうか。

フリーランスエンジニアに限った話ではありませんが、日本のITエンジニアの需給状況においては反証となるデータが存在しています。

2019年の経済産業省による調査では「日本のIT人材の需給においては、不足が発生しており、将来的にはさらなる不足も発生しえる」という結果が出ています。さらに、2030年には最大で78.7万人のIT人材の不足が発生するとも予測されています。
日本は人口減による労働人口の減少が続いていおり、人口分布からこの傾向は簡単には変わらないといえるでしょう。これに加えて、企業は業務へのITの導入とDXの推進に向けてIT人材を必要としています。会社員、フリーランスといった形態を問わず、エンジニア人材への強い需要を示しているデータです。

つまり、スキルのあるフリーランスエンジニアは増えすぎどころか不足しているのが現状なのです。

参考1:【ランサーズ】フリーランス実態調査2021
参考2:みずほ情報総研株式会社(経済産業省委託事業)「- IT 人材需給に関する調査 -調査報告書」
参考3:独立行政法人情報処理推進機構「IT人材白書2020」

フリーランスエンジニアが活躍し続ける秘訣とは


フリーランスエンジニアの末路が、先に挙げたように必ずなるとは限りません。下記のポイントを抑えることで継続して活躍することが可能です。

スキルの習得、向上

一つはエンジニアの軸であるスキルを習得、向上させ続ける事です。プログラミング言語などの直接的な技術スキルから、プロジェクトマネジメントやシステム開発技法など幅広くスキル・知識を身に着け、磨くことがフリーランスエンジニアとしての需要を保つことに繋がります。

新たな技術に偏見を持たず、自分のスキルを向上させるために学習に取り込み続けるマインドが重要です。いくつになってもチャレンジをいとわず、成長を続けることに年齢制限はありません。

コネクション

人と人とのつながり、関係であるコネクションもフリーランスエンジニアにとっては重要な要素です。フリーランスエンジニアは独立した事業者であり、基本的には自分の裁量で立ちはだかる問題を解決します。

しかし、いざ困ったことが起きた時には相談できる同業者や協力を求められる企業、仕事を紹介してくれる組織などの繋がりを持っておくことで、自分に対するセーフティネットとすることができます。
仕事を通してできた人や企業との接点を大切にして、つながりを広げていくことがいつか役にたちます。仕事において不義理を行わず誠実に勤めることがコネクション作りには何より重要です。

案件検索サイト、エージェントの活用

フリーランスエンジニアの負担となる業務として営業活動があります。この負担を軽減するための仕組みとして、案件検索サイトやエージェントを利用するのも一つの手段です。案件検索サイトやエージェントを活用することによって、フリーランスエンジニアは営業にかけるコストを圧縮することが可能です。

また、案件検索サイトやエージェントはビジネスのパートナーとしても有用です。自分に適した仕事、スキルを伸ばせる仕事といった観点でも仕事を探しやすくなり、キャリアを築くためにも重要です。
そしてなによりフリーランスにとって仕事の無い空白期間を避ける方策としても活用しましょう。空白期間は無収入となります。十分な貯蓄があり、休養として取るのならよいのですが、望まない空白期間ができてしまうことは生計にも影響が出てしまう問題です。エージェントを活用して空白の期間が生まれないように調整するとよいでしょう。

40代~60代でエンジニアとして活躍したいと考えている方におすすめなのが、株式会社Miraieが運営する、シニアエンジニア向けの求人サイト『SEES』https://miraie-sees.com/)です。

SEESとは-Senior Engineer Entrustment Service-の略称で、40代~60代エンジニア向けの案件紹介サービスです。
フリーランスエンジニアとして活躍し続けるための案件を紹介しています。

まとめ


日本国内でも時代に合致した働き方として認識が広がっているフリーランス。特にエンジニアは技術職のため、スキルがあればフリーランスで活躍しやすい職種です。

フリーランスエンジニアには、収入向上、自由な働き方、スキルの選択などのメリットが存在します。また、会社員のエンジニアとフリーランスエンジニアには様々な違いがありますが、これは人による向き不向きの問題です。会社員はルールがあることで安定しており、フリーランスは自由さはあるがルールに付随する保証などが存在していません。

これからフリーランスエンジニアを検討する場合は、自分に適性と目的、意志があることを確認しましょう。フリーランスとなった場合には、自分を律することができるのは自分だけです。

フリーランスエンジニアとして働く場合、最悪の場合には将来は悲惨な末路に繋がることなくはありません。しかし、加齢に伴いスキルを向上をさせていくことで、悲惨な未来を回避し、長期的に活躍することが可能です。営業業務の効率化のために、案件紹介サイトを活用することも、活躍するための一つのスキルといえます。